>>スポンサーリンク

SQL Server Compact 3.5は断念!

いやはや、介護ソフトの方は連日のプログラム改変で大忙しだわ。今回の法改正は地味にバージョンアップで楽勝で乗り切ったつもりだったけど、そう簡単にはいかなかった…

月遅れ請求が思わぬところで足を引っ張ることになり、かな~りたいへん、、、

さてさて、次なるプロジェクトをひそかに進めているわけだけど、これまでSQL Server 2008R2を使ってきて、導入時の面倒さゆえに簡単に他人様に使ってもらえる状況じゃなかったという反省を踏まえて、今回のではSQL Server Compact3.5で行こうと決めたところだった。
さんざん時間をかけてデータベースを作ってきたけど、これがまぁ悪くできているもので、使い勝手が悪すぎる!!
VSのサーバーエクスプローラーからテーブルを作っていくんだけど、列の挿入ができない。あとからIDENTITYをAccessでいうところのAuto Incrementにしようとするけど変更は不可。また最初からテーブルを作り直さなくてはならない。
とにかくLINQ to SQLが使えるんだからいいとしよう!と折れる気持ちをおしてdbmlファイルを作るも、ちょっとテーブル定義を変更して再度コマンドプロンプトからdbmlファイルを作ったら「検証エラー」とかで先に進めなくなり…
Excelで作ったデータをBULK COPYしようとしても受け付けてくれず、VSアドインのSQL Server Compact Toolsとかいうのを使うもうまくいかず…(要するに、すべて自分の力量の無さということなんだろうけど)

本日、SQL Server Compactを断念することにした。

もういいや!他人様に使ってもらえることを考えるのはやめた!自分とこの業務で使えればいいや!!

というわけで、まったく自分むけの文章でした。