>>スポンサーリンク

娘がインフルエンザに

1歳9ヶ月になる娘が今日、診察の結果インフルエンザだとわかった。

昨日の10時過ぎ、「◯◯が倒れた!すぐ来て!」

仕事中に突然、妻からの電話。「救急車を呼んだから」

娘は朝起きて、いつものようにアンパンマンの人形を抱えながらテレビを見ていた。

一緒にいた『ばあちゃん』(妻の母)によると、娘が持っていた人形が突然放り投げられたので、振り返ってみると、娘が尻もちついた後、バタンと倒れたらしい。そばに行くと仰向けになっていて、目は白眼をむいて、身体は硬直していたという。そして、熱性けいれんを起こしたという。2度ほど嘔吐もしたという。それで慌てて救急車を呼んだと。


救急車が到着した時点では熱は37度とちょっと。ただ、けいれんもしたし、嘔吐もあって顔が真っ白だったため、救急外来の対応をしてくれる運びとなった。


病院で渡されたプリントによれば、基本的には熱性けいれんでは、5分ほどして収まった場合は救急車を呼ばず、自分たちでかかりつけ医に行くようにと書かれていたが、滅多に経験しない人間にとっては、けいれんしてるのを見て冷静に対処するのは無理だろう…

しかも、昨日は休日でかかりつけ医は休みだったし(この文章を書き始めたのは月曜、しかしもう日付けがかわって火曜になってしまったので、正確には一昨日となるが)。


地域の総合病院に搬送され、診察の後、血液検査をされた。その時の説明では、明日は様子を見てかかりつけの小児科に行ってくださいと言われていたのだが、そのうち今度は「もうひとつ別の検査もしますから」と言われ、血液検査の結果も知らされず、その後の検査も何をしたのか聞かされないまま、再度診察室に呼ばれる。そこではさっきと違って「一応、経過を見たいので、明日も当院へ来てください」という話をされる。

検査の結果を聞き出せないまま、その日は帰ることになった。どうして聞かなかったのか?と思われるだろう。その時は、正直、結果を聞くのが怖いと思った。何か娘に異常が発見されたのでは…と考えると、怖気づいてしまった。ダメだよね、こんなんじゃ親として、、、


その日出されたのは、熱性けいれんを抑える座薬と熱を下げる座薬。

家に戻って少し熱も下がり落ち着いてくると、いつものようにオモチャで遊び出す。子供っておとなしく寝ていてくれないものなんだ…


そして今日、再度診察を受けたところがインフルエンザA型。

タミフルを処方される。

タミフル…って、何か問題なかったっけ??


妻の母もインフルエンザだったことがわかった。娘が倒れる2日前、みんなで遠出した時、やたらとクシャミ、鼻水が止まらなかったっけ。ずっと隣にいたのも母だったから、それで娘に感染したのだと思う。

クシャミはよくあることだからと言うので、オレも妻も気にも留めなかったのは、かなりの手落ちだった。せめてマスクをしてもらえばよかった。時期が時期だけに。もちろん母もインフルエンザA型とわかったのだから、責めるとかいう話でもないんだが。

大人はくれぐれも自己管理をしっかりしないといけないなと反省。グッタリしている子供を見ると、どうしようもなく辛くなる。


とにかく、今のところ大丈夫なオレと妻だけでもしっかり予防しよう!!