>>スポンサーリンク

ダイハツ・タントのDVD化計画(1)~苦悩編~

2012年10月、わが20年のクルマ人生で「初」の新車購入!(注:妻のクルマですが)

ということで気合を入れて買った、ダイハツのタント。

「DBA-L375S」(平成24年10月)、いわゆる2代目タントです。


当時はまだ子供も生まれていなかったけど、妻のためにも将来の子供のためにもやはりタントしかないでしょ~!と。なにしろ当時のユースケ・サンタマリアがやっていたCMにすっかり魅了されていたので、迷わず「ダイハツ・タント」(単純なだけ…)

オプションには

1、バックカメラは欲しいよな

2、リモコンエンジンスターターも欲しいよな

3、当然、ナビも欲しいでしょお~

4、コーナーセンサーも…欲しかったけど予算が足りなかった

そんなわけで、1から3までは何とか実現できるようなので、さっそくカーナビ選び。

ディーラーオプションだといろいろなナビが選べたんだけど、基本的に「メーカー純正」が一番フィットするはずだし、間違いがないはずだ!というメーカー信仰なところがありまして、ここでもさほど迷わず、、、

メーカーオプション・メモリーナビゲーションシステム~

を選択

あ~、なんとなんと、のちにこの選択が最大級の苦悩の始まりになるとは夢にも思っていなかったオレでした。。。


それから○年後(って、1年ちょっとだけど)、子供も生まれ、その子も1歳過ぎると、もう1日中「アンパンマン」。わが妻が、赤ちゃん生まれた直後からアンパンマン漬けにしてきたかいがあり、すっかり、アンパンマンなしではおとなしくクルマに乗せて歩けないほどに成長してくれました。

こりゃあ、クルマでDVD見せないわけにはいかないぞ!ということになった。

またまた薄給はたいてDVDナビ買うようだなぁと考えるに至る。

さっそくカーナビ探しに着手したんだけど、、、

なに~!?

 

「無理です」

「できませんねぇ」

「あっ、純正メモリーナビなの?それじゃダメだね」

カーショップで聞いても、ディーラーに聞いても、カーナビ専門店で聞いても、はたまた自身であちこちWebで調べても、調べても、調べても、、、

「メーカーオプションのメモリーナビゲーションシステム装着車には…

『取り付け不可』



そんなぁぁぁ~~~


メーカーオプション…それはどこまでも融通の利かない代物なのだ。
ふと思いおこせば、まえに乗ってたクラウンの純正ナビも外してみたらものすごく複雑な配線が入り乱れてて、一体なににこんなに配線使うのか~ってくらいたくさんあって、結局は同型のナビをオークションで手に入れて移植したこともあった、、、

たしかにメーカーオプションというのは、外観的にはもっともそのクルマになじんだ感じになっているんだけど、その分、取り換えがききづらいんだよね。

そんなこと言ってても始まらない。とにもかくにも、アンパンマンのDVDを見せなくちゃならないんだから!!

さんざん聞いて、調べて、挫折して、、、挙句、妥協したのだ



ポータブルDVDプレーヤーと、オークションで買った安いモニターを使って、タントでDVDを見るという目的を達成


これによって、その後数か月、夫としてやるべきことをしました~的な満足感に浸っておったのじゃった。(めでたし、めでたし)


いえいえ、そんな甘いもんじゃないわね、現実は…

「ちょっとー、DVDの電源入らなくなっちゃったんだけど~」
はいはい、ただいまぁ!


「画面がうつらなくなっちゃったよ~」
了解しました、すぐ見てみます!

う、ダメだ、、、やはり安物のモニターはダメだったかも、、、

しまいにはモニターあきらめて、ポータブルDVDプレーヤーで直接アンパンマンを見せるしかないという事態になってしまった。(情けない…)

パパとして、夫として、それはかなり情けないことであった…

…そりゃあ、別にどうしてもクルマでDVD見せなきゃダメ夫だなんて誰も思っていないだろうし、他のパパがみんな出来てるってことでもゼンゼンないんだけど、やっぱ、家族がなるべく不自由なく満足してくれてる姿というのは見たいと思う。


うーん、、、メーカーオプションのばかやろ~!


というわけで、決心した。

やるだけやってみよう!メーカーオプションに負けてたまるかぁ

(つづく)