>>スポンサーリンク

ヘルシア緑茶がデザインを変えた件

 

 

「ヘルシア緑茶」、毎日昼飯のたびに飲んでました。

 

やせようと思って飲んでいたというわけでもなくて、ただ濃いお茶が好きだったからなんですけど…

決してやせてはいません、いやむしろ最近50歳を間近にしてちょっとメタボ気味です。なので、少しでもやせる効果があるなら一石二鳥だなくらいの気持ちでした。

毎日飲んでましたし、ついでに「特茶」も飲んでました。特茶もふつうの緑茶飲料よりは濃い感じで好きでしたから、のど越しがよいので飲んでいました。

って、やせる気満々じゃん!

いや、でも、やせることが第一ではないですから!(いやいや、説得力ないから…)

 

まぁ、それはそうと、本題です。

ヘルシア緑茶のパッケージというか、デザインが変わりましたね(上の写真)。

わたし、デザインが変わってからあんま飲まなくなりました

だって、、、

なんか損した気分になってしまうからです!

不思議ですね。内容量は同じ350mlということですけど、どうしても新しい方は少なく感じてしまうんです。実際、飲んでいても古いデザインの方はなかなか減らないのに、新しい方はごくっと一飲みで半分くらいなくなっちゃう気がします。

もちろん、気のせいなのでしょう。いちいちコップに移して比べたりはしません。そこはふつう信じるところでしょうから(あ、でも今度試してみようかな)。

 

気のせいなのはわかっているんですが、人の感覚の面白いところというか、形状が違うだけで多くも少なくも感じてしまうものなんですね。

そして、気のせいなのはわかっているのに、、、実際、最近はめったに買わなくなりました。もともと値段が高いので毎日はつらいなぁと思っていたということもあるのですが、それに輪をかけて「損した気分がする」ようになったせいで、ヘルシア離れになってしまいました。

 

そういえば、「黒ウーロン茶」もそうです。ヘルシア緑茶と同じように、太め低めという形状からスリムな形に変わってから、なんとなく遠のくようになりました。

 

ついでに言えば、写真にもあるコカ・コーラとセブンのコラボ商品「一緑茶」もくびれがあってスリムな形状ですが、こちらも、たとえば特茶やおーいお茶、綾鷹、伊右衛門なんかに比べて「少ない」感じがしてしまいます。ただ、一緑茶はなにぶん安いので結構買っていますが…

 

さて、どうなんでしょう?わたしのように感じる人が他にもいるでしょうか?

メーカーとしては「女性が飲みやすい形状」ということでスリム化に走っているのかもしれませんけど(そうなんですかね?)、一男性の意見としてはこんな感じですよ。

マーケティング的なところで、そういう意見もあるということをお知りいただければ幸いです(あ~、らしくない堅苦しい言葉で書いてしまいました)。

コンクリートの上にみみずがたくさん!?地震の予兆??

昨日、一昨日と、うちの店(ガソリンスタンド)の敷地内に「みみず」がたくさん発生しました。たくさんといっても地面を覆いつくすようなものではなく、敷地内を歩いていると「あっ、みみずっ!」「わぁっ、またいた!」って感じで、みんな合わせても10~15匹程度ですが、苦手な私からすれば1匹見つけただけでも背筋がゾォォ~っとしてしまいます。見つけるたびに同僚に頼んでちりとりで取ってもらいました。みみずの体長は長くて10cm程度でした。

大量発生というわけではないので大騒ぎすることでもないのでしょうが、このように一度に「たくさんの」みみずを見たことがかつて無かったので、ちょっと不思議な感じがしました。

ちなみに今朝も数は減ったとはいえ、ざっと見渡しただけでも5匹(うち3匹はやたら元気に動いてる~)です。同僚が出勤してきたらまた取ってもらいましょう!

なぜわざわざ記事にしようと思ったかといえば(しかも、はてなブログに引っ越してきて最初の記事で~)、お客さんとこの話題について話していたら「みみずが大量発生したあとに大地震が来るらしいよ」という話を聞いてしまったからです。

ネット上を見てみると、どうやら関連性は薄いようなので、一種の「オカルト」かなとは思いましたが…

昨日、一昨日、今日と、前日の夜にけっこうな雨が降ったのそのせいだろうとは思いますが…

さきほど少し体に感じる程度の横揺れ(わずかですが)を感じたので念のため書いてみました。

マツダCX-5にキーレス連動ドアミラー格納装置を付けてみる

 今回はマツダCX-5という車に「キーレス連動ドアミラー格納装置」なるものを付けてほしいという依頼を受けました。




 いや~、こういうきれいな高級車は気を遣いますねぇ

 

 さてさて、このパーツ、取り付け方の詳細はけっこうネット上でブログに書かれているようなので、私はその穴を埋める(?)程度のことをサラッと書くにとどめたいと思います。

 

 手始めに配線の仕方を簡略化した図を示します。



上の図のPDFファイルもアップしておきますので、よろしければどうぞ。

「cx5_linemap.pdf」をダウンロード

 これじゃあ、あまりに大ざっぱだろ~という方のために、こんな図を作ってみました。




こちらもPDF化したファイルをアップしておきます。

→「「cx5_relation.pdf」をダウンロード

ちなみに、上の図で白、赤、紫、オレンジのコードの取り付けを「エレクトロタップ」(私たちは通称「カメ」と呼んでます)で付けるように書いていますが、商品の説明書によりますと、エレクトロタップは経年劣化によって、後々不具合が発生することがあるから推奨しないと書かれていますので、心配な人は面倒でもギボシ端子を使って接続する方がよいみたいです。

(知らなかったぁ~。いままでどれだけ多くの接続を「カメ」さんでしてきたことか)

 

 そして、話はドアの内張りを外したところから始まります(かなり省略しちゃってますが、、、)

 




↑こちらがドア開閉ASSYから取り外したコネクターです。手前が12ピンで奥が14ピンです。

12ピンからは「赤/黄」のコードを引っぱり出して、商品の常時電源用白コードを接続します。

14ピンの方は、「黄/黒」コードにアクセサリー(ACC)電源用の赤コードを接続します。いちおうコネクターに検電テスターを突きさして、キーをACCに回したときに通電することを確認してみましょう。




さらに14ピンコネクターの配線の中から「黒/白」と「黒/赤」のコードを引っぱり出します。これらのコードは途中からぶった切ってしまいますよ



(↑上のピンクの矢印の2本です)

 



(↑適当なところで切ります。ある程度余裕をもたせて切らないと、この後のギボシ端子の取り付けが大変です)

 



(↑ワイヤーストリッパーを使ってコードの被覆をとります)

 


(↑黒/赤コードにギボシ端子のメスを付けているところです)

 


(↑このように2つに切ったものすべてに取り付け。ギボシ端子取り付け前に絶縁用のカバーをつけておくことを忘れずに!)

 


(↑また、あらかじめ商品の方の黄、緑、青、茶のコードの先端にもギボシ端子のオスを付けておきます。こちらも透明カバーを先にコードに通してから付けます)

 


(↑あとは接続図をよ~く見ながら色を間違わないように接続します。上の写真は黒/赤コードに商品の青コードと茶コードを付けたところです)

 


(↑こちらは分割した黒/白コードのそれぞれに商品の黄コードと緑コードを接続したところです)

 

 次に、ドアロック解除したときに一瞬通電する端子(青/緑コード)に商品の紫コードを取り付け、ドアロックしたときに通電する端子(ピンクのコード)に商品のオレンジ色のコードを取り付けます。

 

 ここでも念のため、説明どおりに通電するか試してみましょう。


上の写真は、ピンクのコードが出ている端子に検電テスターを突きさした状態で、ドアロックをしてみたときの様子です。たしかに通電していました。

 

というわけで下のように取り付けました。


(おいおい エレクトロタップは推奨しないと書きながら使ってんじゃないよ~)

 

あぁ、今回はなんて楽な作業だったんだろう、、、いやいや、そうでもないよ。ドア内貼りをはがす作業がすごくつらかった、、、やっぱり、他人の車は気を遣う

 

こちらが完了したところです。



以上、おそまつさまでした。

Mac mini(2011)のBluetooth検出不能の件

Mac mini mid2011用にと、Apple純正Wireless Keyboard(US)を購入。

Magic Keyboardも出たようだけど、JISらしいのであえてこちらを選択。

おぉ、さすがにクオリティ高い!!
ルンルンで「いざ!!」と思ったら、、、

おお~、、、Bluetoothがダメやんけ~

近くに置いたiPhone5を見てみると、余裕でKeyboardを認識してる…
そもそもMac miniiPhoneも認識していない。

Bluetoothの設定はちゃんと「入」だ。
なんとなく怪しいと思ったのは、「このMacについて」にある「システムレポート」のなかの「Bluetooth」を見たとき、「検出可能: 切」となっていたこと。
しかし、この部分についての書き込みはいくら検索しても出てこない。

こまった~

と、ふとEl Capitanのせいじゃなかろうかと思い当たった。

それで調べたらすぐに出てきた
こちら→http://www.imobie.jp/support/mac-os-x-probelms-and-solutions.htm

というわけで、またしてもグダグダ前置きを書いちゃったけど、、、

1、PRAMをリセットする
2、SMCをリセットする

このふたつを実行したところ、、、

あっさりBluetooth接続できちゃいました

El Capitanにする前はBluetoothを使っていなかったので、このOSのせいかどうかは分かりませんが、ま、とにかくよかった、よかった!!


ただ、USキーボードは使いやすい面も多いけど、かなり戸惑いもありますねぇ。

ちなみに、システムレポートを見ると相変わらず「検出可能: 切」でした。意味不明…

(追記)
上のリンクページを見ればわかることだけど、一応リセットの方法について記します。

1、PRAMのリセット方法

Macの電源が切れている状態から、電源スイッチを押したらすぐに[command]と[option]と[P]キーと[R]キーを同時押しします。するとすぐに起動音が「ジャーン」…(約2秒くらいして)…再度「ジャーン」と鳴ります。2回鳴ったら指を離してOK!

わがMacの場合はそのあとしばらくノイズまみれのグレー画面になってしまう。
(最初、この画面を見たときは『壊れた~』と思って、思わず電源コードを抜いてしまった
再度実行して、今度はノイズ・グレー画面でもしばらく我慢して待っていたら、ちゃんと立ち上がってくれた…よかったぁ)

2、SMCのリセット方法

①本体に差さっている外部機器を全部はずす

②本体から電源コードを抜いて15秒ほど待つ

③電源コードを差し込んでから5秒ほど待つ

④必要な周辺機器を差してMacの電源を入れる

と、これだけでいいようですね。(別に15秒きっかりとか、5秒きっかりじゃなくて、それ以上開ければよいということじゃないのかな??)

ガソリンだけではやっていけない

業界誌とか石油元売り(メーカー)の出す情報誌なんかを読んでいると複雑な気持ちになる。

複雑な気持ちって?それを書くには少しばかり「我々ガソリンスタンド業界」の内情について紹介しないといけない。

 

毎回、全国のいろいろなSS(=サービスステーションの略:業界内ではガソリンスタンドのことをそう呼んでいるけど一般の人がどれだけ認知しているかは知らない)が紹介されている。そうした記事がこれらの雑誌のメインコンテンツだ。内容は「○○○石油店ではオイルの月間販売数量が○○キロリットル!」とか、「タイヤ売上月間○○本を達成!」といった具合に、いかに「油外商品」を売っているかの紹介だ。「油外商品」というのは、文字通り「石油製品以外」の商品、つまりオイル、タイヤ、洗車、バッテリー、車検などだ。

 

いま、ガソリンスタンドはガソリン(及び灯油、軽油など)だけを売っていたのでは商売が成り立たなくなっている。例えばスタンドのレギュラーガソリンの月間販売数量が80KLだとすると、1Lあたりの利益がせいぜい2~3円なので、80,000L×2円=16万円...

これじゃあ店員1人の給料にもならない。

こんな低マージン状態はもちろん今に始まったことではなく、かれこれ10年以上前からだ。だから業界ではかなり前から「油外!油外!油外!」の大合唱だった。

具体的にはどうするか?

これは一般ドライバーなら大抵は身に覚えがあると思うが、業界側では「とにかく何でもいいから油外商品を『おすすめ』して売り上げろ!」そのためには「『安全点検しましょうか』と声をかけてとにかくボンネットを開けてもらえ!」という手段を取るわけだ。

もちろん他の業界でも多かれ少なかれ「関連商品」を売ろうとしているだろう。もしかしたらそのために必死になっているのかもしれない。

それが商売ってもんだ!と言われれば仕方ないんだけれど…

 

前述したとおり、業界誌上では毎度毎度いろいろなスタンドの「成功体験」「成功事例」が紹介されていて、それを読む我々は奮起して、「うちも負けてはいられない」となる…べきところだろう。

そうしないと生き残れない、潰れてしまったら明日から路頭に迷うことになる。そうすべきというより、そうしなければならない!

それはよくわかっているつもりだが、どうにも気に入らない。気に入らないとか言ってる場合じゃないけど、やっぱり気に入らない。

ガソリンスタンドがガソリン売ってるだけじゃ成り立たない。これは時代の流れというもので、オレなんかがいくら考えても、嘆いても、叫んでもどうなるもんでもない。

でも、やってることはガソリンを「エサ」にお客さんに他の(もっと利益の出る)商品を売りつけようということじゃないか!?

 

もちろん、オイル交換にしてもタイヤ交換にしてもバッテリー交換にしても車検にしても、あるいは洗車にしても(?)、いつかはどこかでやらないといけないものだ。車を乗っている以上は必要経費というものだ。それをカーディーラーでもなくカーショップでもなくガソリンスタンドで行うというだけの話だ。そういう自動車ユーザーの受け皿のひとつであるわけだから、いかにしっかり請け負って満足してもらえるように努力するかというのは商売として当然のことで、そのこと自体には何ら恥ずべきことはないだろう。

ちなみに、「油外商品」に関しての他の競合業界であるカーディーラーやタイヤショップ、カーショップなどでもいかに自分のところでメンテナンスしてもらうかに必死になっている。たとえば少し前からカーディーラーでは顧客の「囲い込み」作戦として新車販売時などに「メンテナンスパック」などと称した消耗品の交換を一手に引き受ける販売方法に戦略的に取り組んでいるし、、、

ある時たまたま某ディーラーの朝礼に居合わせた際には、工場長が整備スタッフを集めて「今日はタイヤを重点的に点検して、1本でも販売しろ!」とはっぱをかけていた。

 

まぁ、どこの業界でも自らアプローチして販売していかなければならないのかもしれないが、本当ならお客さんが自ら意志で「ここでオイル交換しよう」と言ってくれて、その時にはしっかりと作業を行って満足して帰ってもらいたいというのが本音だ。それならばこちらも気持ちいいだろうし、充実感もあるだろう。

けれども、現実には売りたいから何とかして「安全点検」にこぎつけよう…となってしまう。

「安全点検」、これも本来ならお客さんに安全に走行してもらうために実施する、それはそれだけで完結させるものだと思う。そのうえでお客さんが自ら選択する。そのためにも正確な診断としっかりした報告、そして正しい知識を提供することが必要。素人であるお客さんが自分で判断できるための最低限の(最大限の!?)知識を提供することが大事だと思う。

しかし、、、現実は、、、つまり、、、こちら側の腹の中では「とにかく点検に持っていかなくては始まらない」と、どうしても考えてしまう。上司から「あくまでもお客様のための安全点検なんだからしっかり声掛けしなさい」と言われても、その上司の本音も「何かしら売れるものを探し出せ!」なのはわかっている。この相反する考え、本音と建て前、この何ともスッキリしない感覚。

 

近所のスタンドでタイヤ販売がものすごいことになっている店がある。よくタイヤ屋さんが言うのだが、売れてるにはそれなりの理由があると。基本的にはスタッフ全員の意識が高いことが要因で、それはたしかに立派なことだと思う。ただ、その販売手法はけっこう強引なところがあるという。先日、当店をよく利用してくれているお客さんがそのスタンドで給油した際、そこのスタッフから「お客さん、もうずいぶんタイヤが減っていますねぇ。そろそろ交換時期にきていますよ」と言われたという。そこでタイヤを見てみたら、まだまだ大丈夫としか言えないような状態だった。思わず「えっ、このタイヤを交換しろと勧められたんですか!?」と聞き返してしまった。

なにより驚いたのは、お客さん自身が「もう交換しなきゃダメらしいからお願いできる?」と言ってきたことだった。

なにも知識のない主婦をだます様なことして売るのってどうなんだ…

お客さん自身が買うといっているならそれでよしとすべきなのか…

オレの思いはきれいごとなのか?

 

業界誌ではいろいろな商品の販売成功事例が載せられている。そこに載っているスタンドはいわば業界のヒーローだ。すべてが先の店のような強引な(?)販売手法をしているわけでもない。商売として大いに参考にすべきところだろう。

けれど、、、百歩譲って「消耗品」で「必需品」なら分かるが、水抜き剤だとかエンジン洗浄剤、バッテリー強化剤などに至っては、それこそ「油外収益」をあげるために存在しているとしか思えない。入れて悪いことはない、まぁ良くなることもあるかもしれないが、別に入れなきゃ入れないでも済むような代物だ。それがノルマを課せられ、「とにかく売りまくれ!」とはっぱをかけられる現状…そして、それを売っているスタンドが英雄扱いされる現状…

 

あぁ、こんなこと考えていてはスタンドマンとしては失格なのだろうか、、、ダメな店員ということだろうか、、、

SQL Server Compact 3.5は断念!

いやはや、介護ソフトの方は連日のプログラム改変で大忙しだわ。今回の法改正は地味にバージョンアップで楽勝で乗り切ったつもりだったけど、そう簡単にはいかなかった…

月遅れ請求が思わぬところで足を引っ張ることになり、かな~りたいへん、、、

さてさて、次なるプロジェクトをひそかに進めているわけだけど、これまでSQL Server 2008R2を使ってきて、導入時の面倒さゆえに簡単に他人様に使ってもらえる状況じゃなかったという反省を踏まえて、今回のではSQL Server Compact3.5で行こうと決めたところだった。
さんざん時間をかけてデータベースを作ってきたけど、これがまぁ悪くできているもので、使い勝手が悪すぎる!!
VSのサーバーエクスプローラーからテーブルを作っていくんだけど、列の挿入ができない。あとからIDENTITYをAccessでいうところのAuto Incrementにしようとするけど変更は不可。また最初からテーブルを作り直さなくてはならない。
とにかくLINQ to SQLが使えるんだからいいとしよう!と折れる気持ちをおしてdbmlファイルを作るも、ちょっとテーブル定義を変更して再度コマンドプロンプトからdbmlファイルを作ったら「検証エラー」とかで先に進めなくなり…
Excelで作ったデータをBULK COPYしようとしても受け付けてくれず、VSアドインのSQL Server Compact Toolsとかいうのを使うもうまくいかず…(要するに、すべて自分の力量の無さということなんだろうけど)

本日、SQL Server Compactを断念することにした。

もういいや!他人様に使ってもらえることを考えるのはやめた!自分とこの業務で使えればいいや!!

というわけで、まったく自分むけの文章でした。

娘がインフルエンザに

1歳9ヶ月になる娘が今日、診察の結果インフルエンザだとわかった。

昨日の10時過ぎ、「◯◯が倒れた!すぐ来て!」

仕事中に突然、妻からの電話。「救急車を呼んだから」

娘は朝起きて、いつものようにアンパンマンの人形を抱えながらテレビを見ていた。

一緒にいた『ばあちゃん』(妻の母)によると、娘が持っていた人形が突然放り投げられたので、振り返ってみると、娘が尻もちついた後、バタンと倒れたらしい。そばに行くと仰向けになっていて、目は白眼をむいて、身体は硬直していたという。そして、熱性けいれんを起こしたという。2度ほど嘔吐もしたという。それで慌てて救急車を呼んだと。


救急車が到着した時点では熱は37度とちょっと。ただ、けいれんもしたし、嘔吐もあって顔が真っ白だったため、救急外来の対応をしてくれる運びとなった。


病院で渡されたプリントによれば、基本的には熱性けいれんでは、5分ほどして収まった場合は救急車を呼ばず、自分たちでかかりつけ医に行くようにと書かれていたが、滅多に経験しない人間にとっては、けいれんしてるのを見て冷静に対処するのは無理だろう…

しかも、昨日は休日でかかりつけ医は休みだったし(この文章を書き始めたのは月曜、しかしもう日付けがかわって火曜になってしまったので、正確には一昨日となるが)。


地域の総合病院に搬送され、診察の後、血液検査をされた。その時の説明では、明日は様子を見てかかりつけの小児科に行ってくださいと言われていたのだが、そのうち今度は「もうひとつ別の検査もしますから」と言われ、血液検査の結果も知らされず、その後の検査も何をしたのか聞かされないまま、再度診察室に呼ばれる。そこではさっきと違って「一応、経過を見たいので、明日も当院へ来てください」という話をされる。

検査の結果を聞き出せないまま、その日は帰ることになった。どうして聞かなかったのか?と思われるだろう。その時は、正直、結果を聞くのが怖いと思った。何か娘に異常が発見されたのでは…と考えると、怖気づいてしまった。ダメだよね、こんなんじゃ親として、、、


その日出されたのは、熱性けいれんを抑える座薬と熱を下げる座薬。

家に戻って少し熱も下がり落ち着いてくると、いつものようにオモチャで遊び出す。子供っておとなしく寝ていてくれないものなんだ…


そして今日、再度診察を受けたところがインフルエンザA型。

タミフルを処方される。

タミフル…って、何か問題なかったっけ??


妻の母もインフルエンザだったことがわかった。娘が倒れる2日前、みんなで遠出した時、やたらとクシャミ、鼻水が止まらなかったっけ。ずっと隣にいたのも母だったから、それで娘に感染したのだと思う。

クシャミはよくあることだからと言うので、オレも妻も気にも留めなかったのは、かなりの手落ちだった。せめてマスクをしてもらえばよかった。時期が時期だけに。もちろん母もインフルエンザA型とわかったのだから、責めるとかいう話でもないんだが。

大人はくれぐれも自己管理をしっかりしないといけないなと反省。グッタリしている子供を見ると、どうしようもなく辛くなる。


とにかく、今のところ大丈夫なオレと妻だけでもしっかり予防しよう!!